ドラゴンボール 其之百八 孫悟飯

孫悟空(15歳位迄)

ドラゴンボール 其之百八 孫悟飯

悟空はシッポが切れた痛みでお尻を押さえて飛び回ったが、
これで悟空の弱点はなくなってしまった。

ヤムチャ達はそれよりもお面の男の正体が亀仙人が明かした、
死んだはずの孫悟飯であることに驚いていた。

孫悟飯の頭の上には天使の輪が浮かんでいる。
確かに孫悟飯は死んでいる。

ようやく落ちついた悟空は怖い顔をしてお面の男を睨み付けた。
男はちぎれたシッポを持ったままポカンと黙って立っていた。

悟空のおじいちゃんである孫悟飯は突然笑い出し、
「まいった。わしの負けじゃ」と言った。

悟空は驚いたがお面の男は悟空に話しかけてきた。
男が悟空に弱点の尾を鍛えるように言っていたと聞いて、
悟空はお面の男の正体に気付いた。
お面の男はお面をはずした。
死んだはずのおじいちゃんの悟飯を見て悟空は泣きながら悟飯に飛びついた。

悟空は悟飯にいつ生き返ったのかときいた。
しかし悟飯は生き返ったわけではないと言った。

占いババは自在にあの世とこの世を行き来することができる。
そしてあの世から死んだ武術の達人をスカウトしてきて、
高い給料で働かせている。
生き返れるのは一日だけで、またすぐに戻らなくてはいけない。

しかし悟空と悟飯が出会ったのは偶然だった訳ではなかった。
占いババは占いで未来が読めるから、
今日悟空達が来るのを知っていた。
万が一シッポのある小僧が訪ねてくることがあったら
教えて欲しいと頼まれていたのだった。

悟飯は悟空の事が気になっていたが、
亀仙人の下で修業していたと知って安心した。

もう一つの心配事だった悟空の大猿に変身するのも、
亀仙人が月を壊したから変身できない。
悟空が話しかけてきたので慌てて大猿の話しを止めた。
悟空はドラゴンボールを持ってきて悟飯に見せた。

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ