ドラゴンボール 其之九十七 最期の龍球

孫悟空(15歳位迄)

ドラゴンボール 其之九十七 最期の龍球

ついにたったひとりでレッドリボン軍を
壊滅してしまった孫悟空
いよいよこれで残ったドラゴンボールはわずかひとつ!

悟空は最期のドラゴンボールのある位置を確かめようと、
レーダーのスイッチを入れてみた。
しかし、レーダーは調子がおかしかった。

そのころヤムチャ達はようやくレッドリボン軍基地に着いた。迎撃されるのを防ぐために、少し離れた所に着陸した。
ヤムチャはすぐに乗りこもうとしたが、
亀仙人にうかつに乗り込んでもやばいと言われて、作戦を立てることにした。

ワイワイガヤガヤと皆で話し合って作戦を考えるが、なかなか決まらない。そのときクリリンが、何かが飛んでくるのに気が付いた。

見つかるとやばいと思い、飛行機をカプセルにもどし、
ヤムチャ達は急いで隠れた。
しかし様子を見てみると、飛んできたのは筋斗雲に乗った悟空だった。
悟空は皆に呼ばれたのに気付いて、皆の方へ筋斗雲で飛んで行った。
ヤムチャ達は、悟空が殴り込みをやめたのだと思っていた。
しかし、悟空が殴り込みをやめず、レッドリボン軍と戦ったというと、
皆は驚いた。

プーアルが様子を見に行くと、確かに全滅していた。
これには亀仙人も驚いたが、悟空がカリン塔に登ったことも知り、
もっと驚いた。

悟空達は、とりあえず亀仙人の家に帰ることにした。
そして亀仙人の家に着き、直ぐにブルマはレーダーを直そうとするが、
おかしいことレーダーはどこも壊れていないのだ

もしかしたら誰かがボールを飲みこんでしまったのかもしれない。
ボールの特殊な電波は生命体に囲まれるとレーダーにキャッチできない。
これではもう探しようがない。
やっと六つまで集まったのに、諦めるしかない。

その時亀仙人がわって口を開いて言った。
占いババの宮殿にいけば 
きっとそのドラゴンボールのありかを教えてくれる。
探し物がどうしても見つからない時は、占いババに占ってもらえば必ず
見つかるだろう。

亀仙人に場所を聞き、悟空はクリリン、ヤムチャと一緒に
修業を兼ねて占いババの所に向かった。
悟空達が行った後、亀仙人が少し気になることを言っていた。
「悟空の強さならたぶん占ってもらえると思うがのう・・・・・・・」


ドラゴンボール 其之九十七 最期の龍球

出典 http://wikimatome.org

占いばばババの宮殿にいけば
きっとドラゴンボールのありかをおしえてくれるぞよ

良い情報 知りたい人は↓↓をクリック↓↓

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ