ナメック星のシェンロン「ポルンガ」はサービス満点、地球のシェンロンより優れている!

孫悟空(24歳位迄)

ナメック星のシェンロン「ポルンガ」はサービス満点、地球のシェンロンより優れている!

ナメック星のシェンロン「ポルンガ」とは?

地球のシェンロンがいわゆる“龍”なのに対し、ナメック星のシェンロン「ポルンガ」は人間のような上半身が存在し、筋肉質でいかつい体型をしている。

よく見ると分かるのですが、角は四本で、
背中にある魚のような背びれあり、肩にはトゲが生えている。ナメック星人と同じような特徴である頭の触覚らしきものもある。

また身体も、地球のシェンロンよりも一回り以上大きい。
呼び出しに必要なドラゴンボール1つとっても大人が抱えて持つほど大きい。
地球のシェンロンは願いを叶えてくれるのは1つだが、ナメック星のシェンロン「ポルンガ」は3つまで願いを叶えてくれる。
しかしその力は地球のシェンロンに比べ若干弱く、その時のポルンガは一度に複数人の蘇生ができなかい。

ただ会話するだけなら地球の言葉で通じるが、呼び出す時の呪文や、願い事をかなえる時の言葉はナメック語でなければ通用しないため、「ポルンガ」に願い事をする時はナメック語を習得するか、ナメック星人の協力が必要になる。

この仕来りのおかげでフリーザに願い事をされずに済んでいる。

使用までは地球では1年だが、「ポルンガ」はブランクは4ヶ月と短いが、これはナメック星の一年が地球の4ヶ月に相当するからである。

ナメック星のドラゴンボールから、「出でよ神龍!!そして願いを叶えたまえ!!」の意味の該当ナメック語訳「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ」の掛け声で出現する。

ナメック星の神龍であり、地球のものの数倍の大きさ。その名前はナメック語で夢の神という意味を持つ。
名前の由来について原作者の鳥山は、「記憶にないが、まったくの適当な名前だと思う」と語っている。

頭部に角が4本、両腕に2本の角、背鰭があり、ナメック星人のように額に2本の触角が生えており、赤い目をしている。
基本的にはどんな願いも3つまで叶えられるが、創造主である最長老の力を超える願いは叶えられない。

過去にドラゴンボールによって生き返った経験がある者を何度でも生き返らせることが可能。
死者を生き返らせる際は一度に大勢の数を生き返らせることはできず、1つの願いで1人が対象となる。

しかしフリーザの一件があってからムーリ(ナメック星人で、デンデ・カルゴ達がいた村の長老)の手によってパワーアップし、
魔人ブウ編では1つの願いで対象者全員を生き返らせることができるようになっていた。神龍と異なり死んでからナメック星基準の1年(約130日)以上経過した者でも復活させることができるが、寿命などの自然死の場合は対象外というのは神龍と同様である

出典 http://ja.wikipedia.org

神龍に叶えられた願いまとめ

ナメック星のドラゴンボールから、「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ」の掛け声で出現する。
ナメック星の神龍であり、地球のものの数倍の大きさ。頭部に角が4本、両腕に2本の角、背鰭があり、ナメック星人の様に額に2本の触覚が生えている。願いは3つまで叶えられるが、死者を一度にたくさん生き返らせることはできない(ただし、何度でも同じ願いを叶えられる為、ポルンガが生き返らせた者が又死んでも自然死でなければ何度でも生き返らせることが可能)。最終的にはムーリの手によりパワーアップし、その制約もなくなった。地球の神龍と異なり、「可能な限り」と発言するあたりやや慎重な面も見られる。

出典 http://ja.dragonball.wikia.com

ナメック星のシェンロン「ポルンガ」現る!

突如としてあたりが真っ暗になった
ナメック星のシェンロン「ポルンガ」現る!
フリーザーは驚いて、ドラゴンボールによって、
シェンロンが現れたことを知った。
シェンロンの元へ急ぐフリーザーを孫悟空が追いかけた。

ナメック星に到着するまで、宇宙船の中で修行した悟空は圧倒的に強かった

地球のシェンロン

地球のシェンロン

ナメック星のシェンロン

ナメック星のシェンロン

違いが分かると思いますが、大きな違いはナメック星のシェンロンは

角は四本あり、背中にある魚のような背びれあって、肩にはトゲが生えている。ナメック星人と同じような特徴である頭の触覚らしきものもある。

1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ