「気功砲」とは地球人最強の男天津飯の必殺技ww!!

孫悟空(19歳位迄)

「気功砲」とは地球人最強の男天津飯の必殺技ww!!

気功砲とは?

作中では天津飯が使用。技を教えたのは鶴仙人。

基本的に体中の「気」を両手に集め、手を重ねて親指と人差し指で四角形を作り、その間から気を放つ強力な気功波。
しかし気の消耗は激しく、勢い余って全ての気を放出してしまうと死んでしまう。
なお片手のみで放つことも可能。片手を失ったナッパ戦では逆の片手で放ち、そして力尽きた。

技自体の威力は魔貫光殺砲をも上回る。
天津飯がこれを改良し、連続で放てるようにした「新気功砲」では、自分より桁違いに強いはずのセルの足止めに成功している。

天津飯が使用した鶴仙流の技。
両手に気を集中させ手で四角の形を作り、技がおよぶ範囲を定め気を放つ。
威力はかめはめ波の数段上をいき、天下一武道会の武舞台を一瞬にして消し去ってしまうほどであった。
それゆえ気の消耗が激しく場合によっては使用者が死んでしまう恐れがあるので、気功砲は禁断の技とされていた。

ここで新気功砲についてもふれておく。
新気功砲とは気の消費が激しく連続して使うのが困難であった気功砲を連続して使用できるようにした技である。
とは言っても技の見た目は全く変わって無く、素人には見分けが困難である。
新気功砲は人造人間18号を吸収しようとするセル第2形態を足止めする際に使用された。

出典 http://dic.nicovideo.jp

新気功砲とは?

気功砲のパワーアップした技。

気功砲との大きな違いは、
多少は負荷が軽減されていて連射が可能となったという点であるが、
通常のエネルギー波より負担の大きいので、命を落とす大技である事には変わりがない。

ベジータ編 天津飯 気功波

ナッパ相手に天津飯最後の気功砲
ナッパには効かず、天津飯は死んでしまった。

セル第2形態へ 天津飯決死の気功砲

セル第2形態は
天津飯決死の気功砲
セルを足止めしたが効かなかった

天津飯の技を改めて振り返ってみた

ドラゴンボールの天津飯の技を振り返ってみた。
太陽拳、排球拳、四妖拳、気功砲、摩封波、etc・・・

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ