ヤムチャの声でおなじみの声優「古谷徹」は本当はすごい人だった!

ノンカテゴリ

ヤムチャの声でおなじみの声優「古谷徹」は本当はすごい人だった!

古谷徹の経歴

青二プロダクション所属
生年月日: 1953年7月31日 (63歳)
配偶者: 間嶋 里美 (1985年から)、 小山 茉美 (1976年 - 1983年)
身長162c
体重55kg
血液型はA

代表作に
巨人の星(星飛雄馬役)
機動戦士ガンダム(アムロ・レイ役)
ドラゴンボール(ヤムチャ役)
聖闘士星矢(ペガサス星矢役)、
美少女戦士セーラームーン(地場衛 / タキシード仮面役)
機動戦士ガンダム00(リボンズ・アルマーク、ナレーション役)

『巨人の星』では作中年齢に近い星飛雄馬を15歳の古谷が熱血に演じ、大きな反響を引き起こす。その後は、アムロ・レイ、ペガサス星矢、『鋼鉄ジーグ』の司馬宙や『ドラゴンクエスト』のアベルなど少年ヒーローの主役を多くこなし、主役以外でも『ドラゴンボール』のヤムチャ、『美少女戦士セーラームーン』の地場衛 / タキシード仮面など正義側が主である。声色を変えて演じることは少ないが、声質は同じでも細かいニュアンスなどを変えながら演じ分けている。映画『ゲゲゲの鬼太郎 大海獣』にアカマタ役で出演した際には、それまで演じてきたキャラクターとは異なる陰険な声も使用した。

出典 http://ja.wikipedia.org

べジーターとヤムチャがブルマについて語る

【声真似】古谷さんのヤムチャに挑戦!!

ヤムチャ役の古谷徹さんがベジータ役の堀川りょうさんにブルマを取られて「あん時は恨んだよ」

1953年7月31日生まれ。神奈川県横浜市出身。青二プロダクション所属。実家は豆腐屋。

1960年代から活躍する、日本を代表するベテラン声優の1人。
星飛雄馬、アムロ・レイ、ペガサス星矢役などが特に有名である。

一度聞いたら忘れられないその特徴的な声から、ヒーロー的な少年・青年役を演じることが多い。経年による声質の変化が殆ど見られないのが特徴で、60歳を迎えた現在でも少年・青年役を演じることができるという、ある意味すごい人。星矢役は他の青銅聖闘士担当声優が全員代替わりしたなか、古谷氏のみ『聖闘士星矢Ω』でも代わらず演じ続けているというのは有名な話であろう。

出典 http://dic.pixiv.net

出典 http://www.aoni.co.jp

ヤムチャの声、古谷徹

出典 http://matome.naver.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ